ロッドビルディングに挑戦!(完成編)

前回投げやりな感じで終わったロッドビルディング奮闘記。
途中工程の写真が無かったのが残念ですが、完成品の画像を交えながら解説していきます。
IMG_0882.jpg
かなり手こずったけど良いものが作れたと思います。

では完成したロッドの細部を見ていきましょう。
まずはこだわりのウッドグリップから

IMG_0951.jpg
使用した木材は珍しいクスノキの根。加工中はクスノキの香りが凄かったです(笑)
ホームセンターでたまたま売りに出ていたのですが、一目見たときからその美しい木目模様に心惹かれて衝動買い。予想通りグリップに仕上げると何とも言えない美しい模様が浮かび上がりました。2本購入して旋盤で削ったんですが、1本目は穴を空けるときに失敗しておじゃんに…2本目で何とか成功してグリップにできました。
(2本買っといてよかったです…1本1200円くらいしたけど)

IMG_0973.jpg
近くで見るとこんな感じ。リアグリップのテーパーも気に入っています。
実は結構中空に近いかたちで軽量化してあり全然重くありません。
グリップエンドは木屑を固めて自作したものを使っています。

IMG_0952.jpg
リールシートはアンドリューズ・フィッシングの既製品を購入しました。
本当はここも紫檀材で一から作りたかったんですが、紫檀でリールシートを削り出すのは至難の業でした。
途中までフリーハンドで削り出したんですが、さすがに専用工具が無いと無理なことに気付き諦めました。

IMG_0971.jpg
ガイドのスレッドは光の当たり具合で色が変わるSKELETOR WORKSのプリズマスレッドを使用。
下巻き有りのダブルラッピングです。

IMG_0972.jpg
そして、グリップ作りと同じかそれ以上に大変だったのがこの飾り巻き!

IMG_0962.jpg
鱗模様、もしくは8軸シェブロンと言うらしく、最も簡単な基本的な巻き方らしいのですが初挑戦の私には恐ろしく時間が掛かりました。張り切って5色もスレッドを使用した自分も悪いのですが、全て巻き終わるのに4時間は確実に掛かりました。本当に頑張りました。頑張った自分を褒めてあげたい!

そしてこの飾り巻きには仕掛けがあり、ガイドラッピングに使用したプリズマスレッドを組み込んでいます。
よって、光の当たり具合で色彩が大きく変化します。

IMG_0967.jpg
逆光気味のときは赤っぽく
(おにぎりせんべいのパッケージみたい)

IMG_0968.jpg
順光気味の時は若草色に輝きます。(なんだか畳の縁みたい)
個人的にこっちの方が好きです。

IMG_0974.jpg
写真では分かりずらいですがブランクもダークオリーブに塗装しています。

IMG_0884.jpg
フィールドで見るとこんな感じ。

IMG_0882.jpg
大分予算オーバーしたけど、たまにはとことんこだわってみるのも楽しいなと感じました。
もう本当に自己満足の世界ですが(笑)

今回は作るのも滅茶苦茶大変でしたが、苦労して時間を掛けた分完成させたときの達成感もまた最高でした。
これだからハンドメイドはやめられません。
またいつか改造したいロッドに巡り合ったらやってみようかな。

関連記事

Comments 0

Leave a reply