清流ルアーフィッシング

本日は朝から上江津湖にルアー投げに行ってきました。

IMG_1015.jpg
この釣り、渓流魚のように追ってくるのが見えて楽しいです(笑)

昨日に引き続き今日も江津湖へ。
朝のうちは少し肌寒いですが、すぐに気温が上がって暑くなります。
今日はマイクロスプーンオンリーで行きました。

IMG_1019.jpg
いつもの風景です。上流から攻めていきます。

とりあえず1.5gのマイクロスプーン(赤金)を結んで流れの緩いシャローの水面直下を狙います。
対岸際にキャストして日の当たるオープンスペースをピロピロ巻いてくると、
ルアーを見つけた謎の魚が右横から猛スピードで飛んできてスプーンに襲い掛かるのが見えました。
掛かった瞬間ジャンプして元気に暴れます!サイズの割に鋭い引きを見せた魚の正体はというと…

IMG_1015.jpg
一瞬オイカワかと思いましたがへの字に曲がった口と特徴的な顔つきからすぐにハスだと分かりました。
この魚、コイ科の中では珍しく完全なフィッシュイーターでルアーに良く反応します。また、国内の肉食性淡水魚の中では唯一、ブラックバスと同じように遊泳して小魚を追い回して捕食するタイプだそうです。
(ナマズやドンコは待ち伏せ型)

次は小さな橋の下の流れ込みを狙うとすぐにビビンッ!とヒット!
あれ?もっと苦戦するかと思ったけど意外と魚の反応が多くて楽しいぞ!?
IMG_1018.jpg
今度は婚姻色が出たカワムツでした。

その後カワムツ系の魚のチェイスが何度もありましたが見切られまくって場所移動。

少し下流側に来て流れに乗せながらスプーンを巻くと、デカいウグイがいきなりスイッチが入ったかのように追いかけてきました。そして5mほど先でスプーンを押さえつけるようにモゾモゾと口を動かしながらバイト!
ジーーーーー!とドラグを出しながら下流に走っていくのを何とか止めてランディング。

IMG_1020.jpg
昨日より少し小ぶりのウグイでした。意外とラピズムX0.09号は強いです。
これくらいの魚が相手ならストラクチャーに擦られない限り余裕です。

しかし、この魚の写真を撮ろうとしたときヘッドシェイクで結び目のラインを切られ、
更にスプーンも外されて吹っ飛ばされ、まさかのロスト(泣)

その後は別のスプーンに変えて同サイズのウグイを3尾追加して終了しました。

終わってみるとそこそこ釣れて楽しかったです。
スレていないウグイは結構貪欲にルアーを襲いにくるんですが、シャローなので魚が追ってくるのが丸見えでエキサイティングな釣りが出来ます。ロケーションもそれほど悪くないので癒されました。

あと、釣りをしてて何となくですがハスの個体数はそれほど多くない印象を受けました。
最初に釣れたのはラッキーで、後はほとんどカワムツとウグイがルアーに反応してくる感じでした。
本当はもっとハスや綺麗なオイカワを釣りたかったです。
やはりスピード感はこの2種の方が渓流魚に近いですし…

何はともあれマイクロスプーンを使った清流魚のライトゲームハマりそうです(笑)
渓流釣りより手軽にできるし、バス釣りにはない楽しさがあります!


タックル
ロッド シマノ トラウトワンスペシャル56UL
リール シマノ 12カーディフCI4+改
ライン ラパラ ラピズムX0.09号+Lハード0.6号
ルアー 各種マイクロスプーン(ピュア、ウィッチ、etc...)
関連記事

Comments 0

Leave a reply