自作弓角

学生時代に作った弓角です。
IMG_0851.jpg
作ったはいいけどあんまし使わなかったな…

皆さんは弓角という伝統漁具を御存じでしょうか?
自分も大学時代に後輩からその存在を教えてもらったんですが、簡単に説明すると鹿の角などをスプーンみたいな形状に削り、お尻にフックを差し込んだだけの簡単な和製ルアーです。

結構歴史があるようですが最近は主にサーフトローリングで青物を釣る用に使われています。
使い方もシンプルで、先端の穴にリーダーを結び、ジェット天秤に繋げて遠投してリトリーブするだけです。
(キャロライナリグみたいなもんですね)
リトリーブ中は物凄い速さでくるくる回転して青物を引きつけるので撚り戻しサルカンが必須です。

IMG_0847.jpg
これは市販品の弓角。2個で500円くらいと安価です。

IMG_0849.jpg
透明なプラスチックにホログラムが貼ってあり水中でキラキラ反射します。

IMG_0850.jpg
先端にはリーダーを通す穴があります。どうやって結ぶのかというと、
リーダーを通したら八の字等で結びこぶを作って抜けないようにするだけです…
個人的にこのシステムが抜けそうで嫌だったのが自作するきっかけになりました。

IMG_0851.jpg
で作ったのがこちら。太めのPEラインで貫通させています。

IMG_0852.jpg
作り方は簡単で、2枚のプラスチック板の間にPEを結んだ針を挟んで貼り合わせるだけです。
裏と表で異なるホログラムテープを貼ったり内側に仕込んだりしてカラーを作ってます。

IMG_0853.jpg
材料さえ揃えれば簡単に増産できます。

IMG_0854.jpg
カーブの付け方も簡単で、ドライヤーで熱しながら曲げることで作れます。
この工程は張り合わせる前に行い、2枚とも綺麗に整形出来たら接着剤で張り合わせます。

IMG_0855.jpg
結構いっぱい作ったけど使ったのはほんの数回でした。
一応七里御浜でシオとツバスは釣れましたが…

いろんな魚が釣れるらしいので今度ヒラスズキ釣りに行くときに持って行こうかな。

関連記事

Comments 0

Leave a reply