磯ヒラ復帰戦

皆さんご無沙汰しております。
また長~い間更新をサボってしまいました。

IMG_3282.jpg
夏から仕事が忙しく若干病んでましたが、
ようやく落ち着いてきたので4ヵ月ぶりくらいに釣りに行ってきたぜ。


長いこと更新をサボり、

「あ、そういえば最近自分のブログ全く見てないな~」

と思って覗いてみたら、
1.jpg
2.jpg

ギャー!
いつの間にかレイアウトめっちゃ崩れてるぅぅぅ!

何やこれ?何だこれ?と慌てて調べてみると、
どうやら今まで使用してきたテンプレートが製作者側から削除されていたのが原因っぽい。

取り敢えず良さげなテンプレートを探して急遽ブログデザインを変更致しました。
前のデザインの方が良かったという方がおられましたら本当に申し訳ございません。
しばらくはこれで様子見するので今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、ブログデザイン変更のお知らせはこの辺にして、
早速先日の釣行記を書いていきますね。

11月初旬。
久しぶりに時化と休みが重なったので天草へ愛しの銀ピカ魚を狙いに行くことに。

深夜に車を運転していると三角に行く途中の海岸線沿いの道が水浸し。
まあさっきまで雨降ってたし気を付けて運転しよ。と思っていたら、
前方のカーブの手前で右から波しぶきがバッシャーンと道路に降り注ぐ。

ファ!?

そして次の瞬間カーブに差し掛かった自分の車にもバッシャーン!

マジかW

まだ磯に立っていないのに、
まさか行く途中の有明海の道路で車ごと潮をかぶるとは・・・

車が錆びないことを祈りつつ安全運転で目的地に到着。
まずはいつものアジングポイントの様子を見に行くと・・・

うん。時化過ぎ。
予想以上に波が高く恐怖を覚えたのでアジングは断念。
大人しく明日に備えて寝ることに。

ここで一つの葛藤が生まれる。

「明日。どこにエントリーしよう・・・」

明日は小潮。でも朝一だけ潮位が結構下がる。
最干で88cmくらいだけどその時間はまだ暗い時間帯。
そして昼から急速に波が落ちる。
これは、完全に、朝一一発勝負するしかないパターンだ・・・


思いつく選択肢は3つ。

A磯:車横付けのアクセスが楽な磯。ランカーの実績あり。潮が満ちてきても余裕で帰れる。

B磯:地獄の磯。行けば釣れる。でも潮が満ちてくると帰れなくなり死の恐怖を味わう。

C磯:秘密の磯。確実に釣れる。誰も来ないが殺人マダニの巣窟。満ちると帰れない・・・


う~ん。迷った。
A磯は割といつでも行けるけど、
BとCは潮位的に微妙か?
それに暗いうちに山歩きするとマダニに気づけないから怖いし・・・

となるとやっぱり安全第一でA磯かな。
よし。A磯の駐車場で寝よう!

ZZZ

3時間半ほど爆睡して目を覚ますと外はうっすらと明るい。
外に出て磯の様子を眺めると・・・

うわぁ。めっちゃ潮引いてる!
これならB磯もC磯も余裕で行けたな・・・
てか思ったより時化てなくね?

そこそこ波はあるものの、寝る前と比べるとやはり波は落ちてきつつあるようだ。
急いで準備して磯に降りてキャスト開始!


・・・全然ダメだ。

ベイトの気配が無く魚が入ってくる気配も無い。
いつも付いているポイントに一通りルアーを試して反応がなかった時点で移動を決意。

上げ潮なのでB磯は厳しい。C磯も満ちると帰れなくなるがB磯よりはまだ余裕がある。
よし。久しぶりにC磯に行くか。

というわけでマダニ危険地帯に突入!

ウェットスーツの上からカッパを着て完全にフードを被り出発。
山を登りきったら急斜面を下って行くんですが、
頭の直上を草木で覆われたトンネルのような道なので半分しゃがみながら進みます。
道は非常に狭く脇にも草が生えているので大抵ここでマダニがくっついてくる・・・

あー。やっぱりここマダニ多いわ。

大体10歩歩くごとに足元を見てマダニチェックしながら進むんですが、、
払い落としても払い落としても進む度に1、2匹付いてくる恐怖。
もっと数が少なければラインカッターでぱっつんして駆除しながら進むんですが、
今日はそんな余裕が無いくらいに多い。
前日雨が降ったから活性が上がっているのかもしれません。

とか言いながら一匹捕まえてみました(笑)
IMG_3288.jpg
こいつが殺人マダニです。

マダニにも色々な種類がいるので、
前々から一度捕獲してなんという種名か調べてみたかったんですよね~!
小瓶もマダニを捕まえるために予め準備しました。

家に帰ってから調べましたが、
フタトゲチマダニに似ている気がします。

刺されるとSFTSウイルスに感染してしまう可能性があるので注意してください!



ダニの猛攻を何とか掻い潜りようやく秘密の磯に到着。

サラシは十分とは言えませんがそこそこ良い感じです。
既に満ち始めているので一番奥の最有力ポイントから攻めていくと・・・

一投目から反応があり足元でヒラセイゴがパシャ!とバイト。
乗らなかったけどここには魚がいることが確認出来て一安心。

続いて二投目。
シモリの際のいつもついてる場所にミノーを通すとゴン!

今度はフッキングに成功してファイト開始。
元気に鰓洗いしながら上がってきたのは65㎝くらいのフッコクラス。

IMG_3283.jpg
う~ん。この銀ピカの魚体。いつ見ても惚れ惚れしてしまいます。
ヒットルアーはトゥルーラウンドのクリア系カラー。


その後は反応なく、少し粘ったけど帰れなくなるのが怖いので少し移動。
満ちても帰れる磯の付け根付近でショボショボサラシを打っていると・・・

パシャ!とヒラセイゴがアタック。

その後2回同じ個体と思われる魚が足元で出たけど乗らず・・・
可哀想だけどタイドミノーSLD120Fにチェンジして仕留めました。

IMG_3284.jpg
あ~やっぱり3本ともガッツリ鬼掛かりしてしまった・・・
外す時エラから出血していたのでこいつもキープ。そして釣り終了。

波も落ちてきていますし、
2本ゲットしただけでもう十分満たされたのでこの日は早めに帰ることにしました。

帰りは顔の高さまでマダニが潜む草木がぶつかるので、
虫よけを全身に吹いて進みます。

IMG_3289.jpg
因みに今回使っているのはこれ。
ムヒの虫よけというものです。
マダニが嫌がるディートの含有率が非常に高いので効果があります。
これのおかげで帰りは膝に1匹しかマダニがついてきませんでした。

スプレーでなくリキッドタイプなので吸い込む危険性が無いのは良いんですが、
まんべんなく吹き付けるのが難しく消費がやや早いのが難点です。

マダニは取り付かれることさえなければ吸血されて感染症に掛かることはないので、
虫よけでとりつかれにくくすることが大切だと思います。

あ。いや、本当はマダニが多く生息する場所に立ち入らないことの方が重要ですね(笑)
皆さんも本当に気をつけてください!

というわけで僕の磯ヒラ復帰戦は終わりました。
ほとんどマダニと戦って終わりました。

次行けるのはいつになることやら・・・
また更新が開くかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

タックル
ロッド ヤマガブランクス バリスティックHIRA107MH
リール シマノ14ステラ4000XG
ライン パワープロZ2号+ナイロン40lb
ルアー トゥルーラウンド115F、タイドミノーSLD120F、etc...


関連記事

Comments 0

Leave a reply