人気記事で振り返る今年のブログ活動

今年は暖冬のようですね~九州在住で寒がりの私にはうれしい限りです。
こんにちは。管理人のescaです。

年の瀬も迫ってきたので今回は当ブログの人気記事TOP10を発表して今年を振り返りたいと思います!

ninnkikiji.jpg

まだまだ全然アクセス数も大したことありませんが、楽しんでいただければ幸いです。

ではさっそくいってみましょう。


第10位!663PV

インプレ シマノ パワープロZ
IMG_1074.jpg

まず始めは今年発売されたパワープロZのインプレ記事。
あれからヒラスズキ釣りに使用していますが、他のPEより摩耗強度が高いのは本当みたい。
ただし、若干摩耗しにくいだけで、使ってたら普通に毛羽立ってきます…
近所のお店に欲しいカラー(オレンジ)が置いてないのがちょっと残念ですが、次はどうしようかなあ。
ラインだけは色々使ってみないとわからないですね。


第9位!670PV

改造し尽した11フリームス
IMG_0369.jpg

9位には1番最初に書いた改造リールの記事がランクイン。
ダイワのフリームスはコスパが良くてベアリング追加等の改造もしやすい人気の入門機種。
モデルチェンジでボディがアルミになりましたが、
軽量なザイオンボディの11フリームスも根強い人気があるようです。
この記事では軽さを追求し、11フリームスを無理やり軽量化して2506番で192gを達成しています。
リールを破壊することにつながるので真似しちゃダメ、絶対(笑)


第8位!679PV

15ツインパワーの分解&フルベアリング化
IMG_1511.jpg

8位は15ツインパワー4000HGのフルベアリング化を行った記事。
15ツインパワー頑丈で良いリールですよ~!主に磯のヒラスズキで使用していますが全くトラブルがないです。
波しぶきをガンガン被ってもボディ内に水入りません。
こいつは中間ギアとウォームシャフトギアをMMギアに換装しているので巻きも超滑らかです。
14ステラシリーズは名作の予感。16ヴァンキッシュも発表されたので早く触ってみたいです。


第7位!688PV

10セルテートのマグシールドレス改造
IMG_0661.jpg

ダイワのマグシールドに疑問を投げかける記事が7位にランクイン。
リールはダイワもシマノも好きですが、私のマグシールドに対する考え方はこうです。

「無いよりは有った方が防水性で有利なのは確かだが、別にマグオイルじゃなくてもグリスで同等の防水機能が持てるし、水没したら普通のリールと同様に全分解が必要なのは一緒。よって、自己メンテできる自分には必ずしも必要ない」

という感じです。
グリスじゃだめだけど、マグシールドならIPX-8レベルの完全防水が可能!とかなら必要性を感じるんですが、
残念ながらそこまで強力な防水機構ではないので、今のところ有っても無くてもあまり気にしないです。
シマノはSW機種でボディ内部の完全防水を謳っているので、ダイワの今後の技術革新に期待しています。
因みに、マグシールドのせいで自分で分解メンテできなくなった!とおっしゃる方がいますが、
普通に出来ますよ!
この記事ではマグシールド部を極力いじらずにボディ内部まで分解するコツも紹介しています。


第6位!689PV

改造!超軽量12カーディフCI4+
IMG_1010.jpg

7位と僅差で6位には12カーディフCI4+の改造記事がランクイン。
リールの改造ネタ多いな。この流れは…釣行記なんて誰も読まないってことかな(笑)
自分の12カーディフCI4+C2000HGSは改造後155gを達成しましたが、
16ヴァンキッシュもC2000HGSまでの番手は155gのようですね。追いつかれました(笑)
正直、もうこれ以上の軽量化は無意味かもしれませんね~。軽さも感度も十分です。
このリールはかなり色々使えて重宝しています。来年モデルチェンジするのかなぁ?


第5位!867PV

10ソルティガ分解&マグシールド検証実験!
IMG_0673.jpg

またまた分解ネタがランクイン。
ソルティガでも水没したら内部に水が入ることを身をもって確認した記事(泣)
まあ水没の程度(一瞬くらいなら大丈夫?)にもよりますが、基本水没はアウトですね。
マグシールドはあくまで飛沫の侵入を防ぐ程度の防水効果しかありませんので過信は禁物です。
もしリールを海水に水没させてしまったら、なるべく早く全分解して各パーツとベアリングを淡水で塩抜きし、
その後乾燥させてパーツクリーナーで徹底洗浄するしかないですね。必要ならベアリング交換も。
逆にこの処置を自分で行える人はいくら水没してもへっちゃらだぜ!


第4位!879PV

インプレ ファントムJ
IMG_0355.jpg

まさかのファントムJのインプレ記事が4位にランクイン。
今はヴァデルにモデルチェンジして廃盤になってしまったけど、ファントムJって人気だったみたいですね。
確かに私もデザインは同価格帯の他社のリールより気に入っています。
値段が安くても実釣に耐えうる十分な強度を備えており、ブリクラスの青物とも余裕でファイト出来ます。
巻きも軽くて扱いやすい。

ただまあ、内部構造や細部の造りは値段相応ですかね。
このリールはドライブギアにベアリングを追加することで真価を発揮します。


いよいよTOP3です。


第3位!909PV

超簡単!青物用シンキングペンシルの作り方
IMG_0481.jpg

3位に選ばれたのはハンドメイドルアーの制作記事!
青物用のシンキングペンシルができるまでの様子を事細かく写真で紹介しています。
エアブラシを使わずにある程度リアルなカラーになるよう工夫しているので、
エアブラシが無い人でも楽しめるかな?
超簡単!というのは人によるかもしれません(笑)


第2位!953PV

インプレ 10ソルティガ
IMG_0335.jpg

当ブログで2番目によく読まれているのは10ソルティガのインプレ記事でした。
最近地磯に持って行かないからソルティガ出番ないな~。(オフショアとかもう2年近く行ってないし…)
来年はショアジギ強化の予定なんでちゃんと使ってあげよう。
それにしても、初めてエンジンプレートを外してペラペラのカーボンフィルムを見たときは衝撃でした。
全く意味の無いただの飾り。偽りのカーボン。
ダイワとシマノはデザインのセンスが正反対過ぎてたまに困ります(汗)


それではいよいよ第1位の発表です。
当ブログで今年最も多くのユーザーに読まれ、第1位に輝いたのはこの記事。

第1位!1187PV

10ソルティガのマグシールド除去改造
IMG_0939.jpg

ダイワのソルティガリコールの真相を暴いた記事が見事1位に輝きました。
最後はやっぱりリール改造ネタか(笑)
ソルティガのリコールが発表されたとき、メーカーの説明では接着剤のはみ出しが原因とのことでしたが、
リール本体内に接着剤とか普通使わないよな~と当時は不思議に思っていました。
ところが、分解して接着剤の使用箇所が分かってびっくり。
まさかこ~んなところに接着剤が使われていたとは!
やるなぁダイワ!(いや、これはやらない方が良かったのか?)
汎用小型リールとSW専用大型リールとでは、マグシールドの作りが随分異なるので興味深かったです。


以上。今年の人気記事トップ10でした。
いかがでしたか?面白い記事はありましたでしょうか?

久しぶりに読み返してみたんですが、本当に文章がグダグダでお恥ずかしい限りです。
もっと良い記事が書けるように練習しないといけませんね。

それにしても半分以上がリールの改造ネタになるとは…
どうやらこのブログの読者にはマニアックな方が多いみたいです(笑)
釣行記はそれほど需要がないみたいなのでほどほどにして、
今後はさらにマニアックな情報を発信していった方が皆さんのためになるのかなぁ?
う~ん悩ましい。

そろそろワードプレスに移行するのも考えていますが、
もうしばらくはこのブログで更新していこうと思っていますので、
今後とも応援よろしくお願いします!
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply