久しぶりの琵琶湖釣行

学生時代の後輩B:Bと琵琶湖南湖へバス釣りに。
IMG_0243.jpg
この日は数こそ出ませんでしたが型はいいのが出ました!
学生時代に何度も通ったランカーハウスに夜明けとともに到着。
久しぶりの琵琶湖に期待で胸がいっぱいの僕らは9.9馬力の和船で颯爽と大海原(?)へ繰り出す。

朝一シャローでトップを試すも不発。
鉄板の自衛隊前の杭打ちも不発…あれっ?

たぎりすぎると釣れなくなるのはいつものことだが、今日は本当にアタリが少ない。てか無い。
昼過ぎにようやくダウンショットで1本ずつ釣れたけどそれ以降は一切アタリなし。
2人ともあまりの釣れなさに沈黙が続く。
でもまぁ、忙しい中こうして久しぶりに一緒に釣りができるだけでも本当に幸せなことだなあと思いました。

あっという間に時間が経ち帰着時間まで残り2時間。
最後の頼みの綱であるラン寺前の沖へと延びる澪筋周辺に狙いを定め、
沖から東風に吹かれて西岸側に流されながらの釣りに切り替えます。

そしてすぐに自分のOLモンスターのダウンショットにモゾモゾとした当たりが!
バスだと分かっていたので、しっかり送り込んで10秒くらい待ってからフッキング!
使い古したファイナルディメンションがブチ曲り46cmのバスをゲット!

続いて後輩B:Bにもアタリが!
しかしこっちは惜しくもフッキングミス。

今ダウンショットがキテル!と感じたのもつかの間、
しばらくOLモンスターのダウンショットを2人で試すもアタリはすぐに止んでしまった。

ここで自分は最終兵器を投入。カットテール6.5インチのネコリグをドリフトさせる。すると…

グンッ!!!

強烈にひったくるアタリを感じたが慌てずにラインを送り込み、しっかり飲ませてからフッキング。
バス釣りの醍醐味はこのフッキングの瞬間にあるといっても過言ではないと思う。
それくらい気持ちいい瞬間である。

「結構デカそう。ネットいるかも。」

と言いながらハンドランディングしたバスは58㎝!
検量のため備え付けのライブウェルに放り込む。

さらにしばらくこの釣りを続けているとまたしても・・・グンッ!!!

掛かった瞬間に沖でジャンプし、ドラグを引き出しながらデカそうだと分かる。
引きを楽しみながら上がってきたのは51㎝のメタボなやつ!

同船者に50UPを立て続けに2本釣られた後輩は意気消沈しつつも、
すぐさまカットテールに切り替えてめげずにキャストを繰り返す。

ところが自分は風が少し強くなってきたのを感じ、カットテールをやめて残り時間バイブを巻き倒すことに決める。
使用するバイブはブザービーターのサイレントバージョン。
なぜかこの時の自分はこれで釣れるような気がしていた。

「B:B、釣れる気がするわ…」

そう言ってバイブをキャストして風に流されながら中層をトレースしてくると・・・ガツン!
サイズは小さかったものの自分でもビックリするくらい思い通りに魚が釣れてしまいました(笑)
そしてほどなくタイムアップ。

最初はどうなることかと思いましたが、気づけばライブウェルの中は魚でいっぱい!
IMG_0242.jpg

50UP×2本で満面の笑み・・・(ニヤニヤが止まらない)
IMG_0240moz.jpg

左から58、46、51cm。

一人だけ釣ってしまい後輩には申し訳なかったが、
帰りの車内で後輩曰く、あの時の自分は完全に「ゾーン」に入っていたとのこと(笑)
久しぶりにバス釣りの面白さを実感した釣行でした。

タックル
・テキサス
ロッド シマノ ファイナルディメンションTS168H
リール シマノ メタニウムmg7 レフトハンドル
ライン サンライン ベーシックFC20lb
ルアー OLモンスター10インチ、センコー5インチ、デスアダースティック

・巻物
ロッド シマノ ファイナルディメンションPV168ML
リール シマノ アンタレス5 レフトハンドル
ライン サンライン ベーシックFC16lb
ルアー ブザービーターSOS、ハイピッチャー5/8oz、リップライザー

・ネコリグ
ロッド シマノ ファイナルディメンションTS2610ML
リール ダイワ 11フリームス改11BB
ライン ラパラ ラピノヴァX0.8号+ベーシックFC12lb
ルアー カットテール6.5インチ(スモークブルーギル)

・ダウンショット
ロッド シマノ ファイナルディメンションTS268L
リール シマノ 09レアニウムCI4 2500S
ライン ラパラ ラピノヴァX0.6号+ベーシックFC8lb
ルアー OLモンスター、アイシャッドテール、マルチスティック

関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply