癒しのバス釣り

午後からいつもの野池へバス釣りに行ってきました。

IMG_1600.jpg
相変わらず40UPは出ませんでしたが、今回は数が釣れて癒されました♪

この日は珍しくバスロッドとシーバスロッドの2タックルで野池を攻めます。
IMG_1592.jpg

前回来たときはトップの反応が良かったんですが、
1週間で季節が進んだらしく、水温低下でトップへの反応はいまいち。

試しにバックウォーターで普段カワムツとかを釣っているマイクロスプーンを投げてみると1投目でヒット。
IMG_1597.jpg
コバスが遊んでくれます。

そしてここからワンキャストワンヒット状態。

IMG_1601.jpg
ギルもガンガン食ってきますがバーブレスなので手返し良く攻めることが出来ます。

IMG_1598.jpg
毎日誰かしらに打たれている人気ポイントだから魚はスレてるはずなんですが、
マイクロスプーンを見慣れていないのか数匹で奪い合うように食ってきます。

これはこれで面白いのでしばらくコバスで癒されようとキャストを続けていると、
巻き始めた瞬間にコンッ!グングンッ!

IMG_1600.jpg
35upも釣れました♪

IMG_1599.jpg
意外とマイクロスプーンはバレません。

あまりにも反応が良いので途中小さいワームに変えてみると皆ガン無視。
ホントにマイクロスプーンでしか釣れません(^^;)
投げて巻くだけで簡単に釣れます。今度からマイクロスプーン必携だな(笑)

バックウォーターでひとしきり釣ったので今度は少し移動してサイズアップを狙います。
トップの反応が悪いので沖のブッシュをテキサスで打っていくと・・・ココンッ!と生命反応!
焦らず送り込んでガッツリフッキング。

IMG_1595.jpg
30㎝弱。

テキサスはフッキングの瞬間が楽しいからやめられないです(笑)

因みに使ってるワームはコレ↓
IMG_1596.jpg
自作の6インチくらいのリーチ。勝手にツチノコリーチと名付けています。
水中でデロンデロンと艶めかしく動きます。

作り方は簡単で、ワームの形に削った木を油粘土に押し付けて型をとり、あとは溶かしたワームを流し込むだけ。
この要領で学生の頃に随分と色々なワームを作ったのですが、
その中でもツチノコリーチは琵琶湖でかなり良い思いをした成功作です。
今回は飛距離を出すためにテキサスで使用していますが、普段はダウンショットで縦ストを打つときに使います。

IMG_1594.jpg
その後はしばらく反応がありませんでしたが、
こんな感じの沖のブッシュめがけてひたすらテキサスを遠投してると再びバイト!

IMG_1593.jpg
これも30cm弱…テキサスでも全然サイズが伸びません。

その後再び反応が途絶えますが・・・
IMG_1602.jpg
マイクロスプーンにチェンジするとあっさりヒット。
こいつを釣ったところで暗くなってきたので納竿しました。

それにしてもマジで釣れるな。マイクロスプーン。
水中を泳ぐ姿が虫に見えるのか、コイのチェイスも結構ありました。
こいつが無ければ今日も2匹で終わってましたわ(笑)

今回の釣行で新しいパターンが発見できたけど、今年のバス釣りは一旦ここで終了(の予定)です。
秋も深まってきたのでこれからはシーバス狙いにチェンジしていきます。
とりあえず今年もクランクでシーバス釣るぞ~!

あ、でも全くシーバス釣れなかったらまた癒されに野池行くかもしれません。

タックル

マイクロスプーン
ロッド 自作ジャンクロッド7フィート2インチ
リール シマノ09レアニウムCI4 2500S
ライン ラピノヴァX0.6号+ベーシックFC4lb
ルアー マイクロスプーン1.6g(カラシカラー)

テキサス
ロッド ヤマガブランクス アーリー95MLRFTi
リール シマノ 09ツインパワーMgC3000
ライン DUEL ハードコアX8 1.5号+ベーシックFC 20lb
ルアー ツチノコリーチ(自作ワーム)11gテキサス
関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply